講師紹介

山口けい子バレエスクールの講師を紹介します。

山口けい子写真

山口けい子 Keiko Yamaguchi

経歴

大井晴子バレエスクールを経て谷桃子バレエ団入団。ほとんどの公演に出演。

1968年 東京新聞全国バレエコンクール入選
  谷桃子、八代清子、横瀬三郎、ロイ・トバイアス、上月倫子(敬称略)などに師事。
  神奈川県より兵庫県に転居。
1978年 伊丹市に山口けい子バレエスクール開設。
1984年 兵庫県洋舞家協会に入会。
  洋舞合同公演、ふれあいの祭典などに出演。評議員として活動(コンクール部会を経て現在企画部)
1999年 神戸市甲南山手にバレエスクール移設。
  発表会毎に、谷桃子バレエ団 現団長 赤城圭氏を芸術監督として招聘。
  また、男性ゲストもバレエ団より招き、「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」「ジゼル」「ラ・バヤデール」「パキータ」「眠れる森の美女」などを上演。
  現在に至る。

学歴

  (東京)文教大学短期大学部 幼児教育科卒 幼稚園2級免許取得
  (京都)仏教大学文学部東洋史学科卒

プロフィール写真

清川 留三子 Rumiko Kiyokawa

経歴

8歳より山口けい子バレエスクール入会

発表会ごとに主要な踊りを踊り、’97年より助教師を務める。
 その後、発表会にて谷桃子バレエ団男性ダンサーと

「白鳥の湖」第2幕オデット「ドン・キホーテ」全幕 踊り子 
「ジゼル」第2幕 ミルタ  その他、エスメラルダ・ライモンダなど
グランパドゥを数多く踊る。

2005年 兵庫県洋舞家協会主宰
  兵庫県立芸術文化センターこけら落とし公演
  ニジンスキー原振付・ミリセント ホドソン再振付による
  「春の祭典」に出演
2006年 洋舞家協会ふれあいの祭典にて
  島崎徹氏のコンテンポラリー作品「RUN」に出演。
2012年 洋舞家協会ふれあいの祭典にて
  貞松正一郎氏振付 全幕公演「ドン・キホーテ」にて
  第3幕 ファンタンゴのソリストを踊る。
  谷桃子バレエ団にて、時間の許す限り
  赤城圭先生のレッスンを受講
  現在に至る。

卒業生のその後

主な活躍場所


・ドイツ・シュトゥットガルトバレエ団
・SEAD(Salz burg Experimental Academy of Dance)
・オーストリア ウィーン国立バレエ団
・東京 谷桃子バレエ団
・中村思恵Dance Sanga
・宝塚歌劇団  などで活躍。